イボコロリに顔用ってある?答えはココにあります!

イボコロリは顔にも使えるの?簡単イボ取りとして有名なイボコロリなので、そう思う人はいるかもしれません。イボコロリには、液状タイプや絆創膏タイプそして飲むタイプの3種類がありますが、イボコロリで顔用に商品化されたものは無いようです。

 

イボコロリの主成分はサリチル酸です。サリチル酸は、角質を軟化溶解する作用がありますから、固いイボを柔らかくして取り除く事が出来ます。所でサリチル酸を主成分としているイボコロリは、第2類医薬品に分類される、れっきとした医薬品である事は、案外知られていないかもしれませんね。

 

第2類医薬品というのは、薬剤師常駐の薬局やドラッグストアでしか購入できない第1類医薬品より、やや規制が緩やかな医薬品です。簡単に言うと、薬剤師が居る薬局やドラッグストアにしかおいてはありませんが、薬剤師が不在でも購入出来る、という類の医薬品と考えれば分かりやすいかも知れません。

 

イボコロリは、絆創膏タイプでも液状タイプでも、顔には使用できません

 

イボコロリは、液状タイプにも絆創膏タイプにも、使用要項に「顔への使用は不可」とありますので、使用前には必ず読んでから利用しましょう。サリチル酸はニキビ治療薬などにも、有効成分として配合されるので、顔にも使えると思われる人もいるかもしれませんが、顔などのイボにはNGです。

 

飲むイボコロリモありますから、顔に出来たイボを、イボコロリで何とかしたい、とお思いだったら、飲むタイプのイボコロリと一緒に、今話題のイボケア商品を併用することをお勧めします。飲むタイプでしたら、身体の中からイボの出来難い体質を作ってくれるでしょう。

 

イボケア商品開発は進化していて、色々市場に出回っていますが、今一番話題を集めているのはクリアポロンです。イボに効くというヨクイニンが、脂溶性と水溶性がW含有されていますし、他にもターンオーバー(肌の再生)をサポートする、あんずエキスも配合されています。

 

クリアポロンの3つの働き

 

クリアポロンは、イボケアとして3つの画期的働きがあります。その@は、クリアポロンに含まれている、ヨクイニンやあんずエキスが、ターンオーバーだけでなく、イボのデリートフラットケア(肌の新陳代謝を促進しながら、イボを改善すること)の働きをします。

 

働きそのAは、インナースキンケアが出来ること。クリアポロンに配合されているプラセンタ、ビタミンC誘導体、アラントインと5種類のヒアルロン酸は、イボが無くなった後、肌の内側からも、透明感のあるツルツル肌へのサポートをしてくれます。

 

働きそのBは、バリアターンテクノロジーです。バリア(障害物)をターン(取り除く)するテクノロジー(技術)の働きをする、3種類のセラミド、パルミトレイン酸、プロテオグリカン等が、イボに働き、肌を若返らせる働きをしてくれるのです。

 

クリアポロンのホームページでは、今大特価キャンペーン実施中ですから、もし顔などにイボが出来ていて、何とか自宅で手間暇かけずに治したいと思っているのであれば、飲むイボコロリと併用しながら、話題のイボケア(クリアポロン)の使用をお勧めします。

 

イボコロリ、顔用まとめ。
イボコロリは、イボを簡単に無くすアイテムとしてポピュラーですが、顔用に商品化されたものはありません。強いて言うなら、飲むタイプを、イボケア商品と併用することがお勧めです。イボは出来やすい体質と、出来難い体質があるようです。

 

出来やすい体質の人は、20代でも出来ると言われます。イボは若い人の中にも、ターンオーバーが上手く行かず、衣服やネックレスの摩擦、紫外線による色素沈着などで、角質がイボになってしまうケースは珍しくありません。肌のザラつきが気になったら、イボを警戒した方が良いかもしれません。

 

鉄は熱いうちに打て!といいますが、イボも早い気付きでケアすれば、完璧に治す事は可能です。若いのに老人性イボに悩まされるのは心外でしょうし、年齢に関係なくツルツル美肌は魅力的です。せっかく画期的なアイテムも出現している事ですから、まずは公式ホームページを覗いてみましょう!